昔買いだめしたDVD

部屋の掃除をしていたら、高校生くらいの時に購入したDVDを押入れから大量に発掘。あのころはよく、映画のDVDを買い集めていたんですよね。

高校の通学路の途中に中古品を激安で扱うDVDショップがありまして、そこに頻繁に寄っては掘り出し物の中古DVDを買って帰ったものです。人気作品でも運がよければ数百円で購入できましたし、新作が中古品として売られていれば半値ほどで購入できました。少ないアルバイト代でDVDを買い集めるのは大変でしたので、私は大助かりでした。

そのお店は高校3年の秋に閉店してしまったのですが、それまで通いつめて、合計150本はDVDを購入しました。

実家を出て引っ越す時、家においていこうか悩みました。なんせ、150本もあると大きな荷物でしたから。でも、いつか広い部屋に住めるようになったら、大きな棚を購入して並べたいと思っていましたので、持って行きました。

まだ、大きな棚を部屋に設置するほど広い部屋に住んではいないので、これまでずっと押入れにしまいっぱなしでした。

発掘したDVDを眺めていると、高校の時を思い出します。数は多いのですが、一つ一つ思い出深くて、いつ買ったかなんてことまでしっかりと覚えていました。

特に印象深かったのは、高校2年の冬に購入したトイストーリー1・2のセットDVD。安かったので何となくで購入したのですが、凄く面白くて冬休みの間は何度も繰り返し観たものでした。

このDVDでトイストーリーを見るまではピクサー作品は1回も見たことが無かったのですが、これが切欠となって以降、ピクサー作品にどっぷりと浸かっていきました。

それから、高校生の時に一番大好きだった俳優、ニコラス・ケイジの映画作品が高1の夏に大量にセールされていてまとめて購入した『ザ・ロック』『60セカンズ』『スネークアイズ』『フェイスオフ』『コン・エアー』『シティ・オブ・エンジェル』『天使のくれた時間』は、飽きることなく何度も観たものです。全部あわせても、確か5000円でおつりがきたのを覚えています。本当に安かったです。

パッケージを眺めているだけでも、懐かしくてたまりません。全部視聴したら一層懐かしいでしょうね。でも、悲しいかなそんな悠長な時間は、今の私にはありません。また入れなおして押入れに戻しました。

いつか広い部屋に大きな棚を設置したら、のんびり視聴しなおしたいものですね。

Comments are closed.